【プラスマイナスゼロ 掃除機レビュー】使いやすさ重視のおすすめコードレスクリーナーです

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの全体像モノ

はい、プラスマイナスゼロ掃除機の良さを簡単に説明しますよ。

  • とにかく軽い!上の写真のようなデフォルト形態でもたった1.3Kg!片手で軽く持ち上げられる
  • 狭い家でも場所を取らない!細長でコンパクトだから部屋の角にスッポリ収まる!
  • ゴミの取り換え等がめちゃくちゃ楽。丸洗いできて清潔に保てる

次からはもっと詳しく書いていきますよ。(デメリットも)
目次をざっと見て読みたいところへジャンプもできます。

 

プラスマイナスゼロ掃除機を選んだ経緯

わりと部屋の中はこまめに掃除しておきたいタイプで、暇さえあればあちこち掃除機をかけております。

しかしながら、長年使い続けていた掃除機がとにかく重くて苦痛でした。。

 

なので、なるべくコンパクトで、その辺に置いていても邪魔にならない、さらにはしっかりゴミを吸い込む吸引力がある掃除機が欲しい。

テム
テム

掃除機が小さいと吸い込みが弱いものが多い。。。

 

いろいろな通販サイトを探し、レビューを見まくりたどり着いたモデルがこちら、「プラスマイナスゼロ コードレスクリーナー」です。

 

最大30Wのハイパワー吸引力に運転時間は最大1時間と高性能。

そして何と言ってもシンプルでコンパクトでスタイリッシュなのが特徴です。

しっかり吸引力があって軽くて操作性が良いとスイスイと掃除がはかどり楽しくなります。

というわけでこれからは「プラスマイナスゼロ コードレスクリーナー」のおすすめポイントにさらに詳しく書いていきますよ。

 

スタイリッシュでコンパクトな見た目が◎

まずは見てください、この無駄のない洗練されたボディを。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの全体像

こんなに細くて小さいのにちゃんとゴミは吸い取るんですよ。

テム
テム

スタイリッシュで洗練されたデザインに仕上がってます!

 

サイズは幅20×奥行13.9×高さ99.5cmになります。ちょっとピンとこないですよね、10年前に買った掃除機と比べてみましょう。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーと旧掃除機を比較

あれっ並べたら10年前の掃除機もイケてるじゃんと一瞬思ったのですが、実際はゴツゴツして大きくて全然が違いますからね。

 

幅はゴミを吸うこの部分が20センチです。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのフロアノズル

コンパクトとは言っても裏を返せばゴミを吸う部分が20センチ弱しかないので、広いお家は時間かかると思います。

ですが、2LDKのマンションぐらいでしたらコレで十分というサイズ感です。

 

重さは1.3Kgでハンディ時でたったの1kg。

テム
テム

10年前の掃除機は5キロぐらいあったな

軽るいとなにがいいかと申しますと掃除機自体を動かしやすいんですね。これが掃除が楽しくなる秘密です。

しかも細長いから部屋の角にスッポリ収まって邪魔にならない。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーを部屋の角に収納

 

吸引力は3段階の調整が可能

ゴミを吸い込む吸引力は3段階あり、ボタン一つで切り替えをすることができます。

ボタンは持ち手のところに付いています。

 

切り替えボタンは一箇所のみでこのボタンで

  1. 標準モード (スイッチオン)
  2. 強モード
  3. ハイパワー
  4. スイッチオフ

を切り替えます。

青は標準モード

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの標準モード

 

赤は強モード

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの強モード

 

紫はハイパワーと切り替えられます。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのハイパワー

標準でも十分過ぎるパワーなので筆者の場合、普段はほとんど標準を使っています。

 

音が静かで、耳障りなし

掃除機で気になるのが、音ですよね。

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーは音が静かなところも特徴です。

掃除機の音は自分がかける時は夢中になっているのでそんなに気にならないものですが、他の方が掃除機をかけている音はうるさいと気になるものです。

テム
テム

もちろん掃除してくれている感謝は忘れません

 

個人的に掃除機は音が小さくて他の方が使っていても気ならないことを重要視しております。

想像してみてくださいリラックスしている時、ちょっとうるさいのは嫌ですよね。

ただし、静かと言っても感じ方は個人差はあり、ハイパワー時はそこそこの音量はありますのご注意ください。

 

掃除箇所によって変えられるバリエーション

通常はフローリングや絨毯じゅうたんを掃除するためのロングノズルタイプ仕様の他に狭い場所や高い場所を掃除するために仕様を変えられます。

仕様のバリエーションには

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの組み合わせ

  • 本体
  • ロングノズル
  • フロアノズル
  • 隙間ノズル

これらを組み合わせて使います。

そこで筆者がよく使うプラスマイナスゼロのコードレスクリーナーの仕様をご紹介します。

 

ハンディタイプ

ハンデイタイプはロングノズルを外して本体だけの状態です。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのハンディタイプ

車内の掃除やソファのを掃除するにはやりやすいです。

テム
テム

実はこの使い方は一番多用しているかも

 

ハンディタイプ+隙間ノズル

ハンディタイプに隙間ノズルを装着すれば細かいところの掃除に役立ちます。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのハンディタイプに隙間ノズル

 

ノズルを付ければこんな掃除しづらいところも楽に。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーの隙間ノズルで溝を掃除

 

エアコンの上などの掃除に活用できます。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのハンディタイプに隙間ノズルを付けてエアコンを掃除

 

ロングノズル+隙間ノズル

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのロングタイプに隙間ノズルを装着

ロングノズルに隙間ノズルを付けてもよし。

奥の奥に届きピンポイントでゴミを吸い込む時に使えます。

 

ゴミはどこに吸い込まれてどのくらい溜めておけるのか

スタイリッシュで吸引力があって最高なのはわかったけど、どのくらいゴミを溜めておけるか疑問ですよね。

ということでゴミを溜めるダストボックスを全部開けてみます。

ちなみにゴミが溜まる部分も楽に取り替えられますから億劫おっくうになることはありませんよ。

 

ダストボックスを外すボタンがあるのでここを押しながら軽く回すと

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのダストボックスボタン

 

こんな感じでで外れました。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのダストボックスの取り外し

テム
テム

ダストボックスは本体部分に付いていますよ

 

そしてこれがゴミを溜めておけるダストボックスです。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのダストボックス

 

さらにフィルターとゴミが溜まる部分に分かれます。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのダストボックスの掃除

ゴミ捨てもこのままゴミ袋に突っ込みながら捨てられるので手が汚れません。

さらにフィルターもダストボックスもまるまる水洗いできます。これは良いですよ、掃除機のゴミが溜まる部分の掃除ってめんどくさいじゃないですか。これは楽です。

水洗いできるのであれば、掃除機の全部をキレイにしておけるのでキレイ好きの方は嬉しいところだと思います。

 

充電も長持ちで簡単

充電は軽量で長寿命なリチウムイオンバッテリーを採用。

充電部分はここの上のグレーの部分を外すだけです。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのバッテリーパック部

 

パカっと外れますので、

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのバッテリーパックの取り外し

 

あとは充電するだけですね。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのバッテリーパックの充電

だいたい3時間ぐらいでフル充電することができます。フル充電しておけば、標準モードで約75分間を連続運転することができます。

肌感覚ですが、一回フル充電にしてしまえば2週間ぐらいは持つ感じではあります。

 

フロアノズルにブラシ切り替えスイッチ付き!フローリングもじゅうたんもOK

どの掃除機にも付いているのであまり説明は不要かと思いますが、フローリングと絨毯を使い分けができる切り替えスイッチも完備です。

プラスマイナスゼロコードレスクリーナーのブラシ切り替えスイッチ

絨毯はブラシをオンにするとやはり掃除はやりやすいです。

 

最後にこれだけは言っておきたい

長々とプラスマイナスゼロのコードレスクリーナーの良さを伝えていきましたが、やっぱり実際に使っている筆者としてはこれだけは言っておきたいのですよ。

  • 軽いのはどんな機能よりも良い
  • そして静かなのは良い

掃除機はうるさいイメージじゃないですか、この二つはなによりも代え難い最高の機能だと思います。

気になっている方はぜひ参考にしてください。

以上、テム(@temlog_net)でした。

モノ
スポンサーリンク
テム

インフラエンジニアやっております。ネットワーク・サーバーのこと、使ってよかったサービス・買ってよかったモノなど幅広めで更新中。

テムをフォローする
テムをフォローする
TEMLOG -テムログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました