STEADYの懸垂マシンを選んだ話

筋トレ

このサイトでもたびたび紹介してきた懸垂バーですが、今回はついに本格的な懸垂マシン購入を決意。
選んだ懸垂マシンはこちら!

購入を決めた主な理由は以下の4つ。

理由
  • どのサイトでもランキング上位
  • 信用できる会社であるか
  • レビューの件数が多く、評価も高い
  • しっかりぶら下がれる高さがある

このページでは、数多くある懸垂マシンの中から「STEADYの懸垂マシン」を選んだ理由をさらに詳しくお伝えしたいと思います。

2022/05/08 追記

実際に買って使ってみた感想を書きましたので、こちらもあわせてご覧ください。

懸垂マシンのおすすめ「STEADY」!実際に買って使ってみた感想【レビュー】

STEADYの懸垂マシンを選んだ4つの理由

どのサイトでもランキング上位

まずはAmazon、楽天、Yahooショッピングの主要通販サイトのランキングにて「懸垂マシン」と検索、その中で上位にある懸垂マシンをピックアップしました。

検索ワードに「Amazon 懸垂 ランキング」なんて入れれば出てくるでしょう。
Amazonのところは調べたいサイトに合わせて適宜変更すればOKです。

各サイトでランキング上位で頻繁に出現する商品を大体4つほどピックアップしました。
中にはAmazonにしかない、楽天にしかないものもありますが、メーカーや商品名で絞れてきます。

その中でSTEADYという会社の懸垂マシンに心惹かれました。

信用できる会社であるか

STEADYという会社。
どこの国の会社なのか、ちゃんとした会社なのか、特にトレーニング用品のネット注文は気になるところです。「STEADY 懸垂」を検索しても会社関連のキーワードで出てくるので、やはりみなさん気になってることは同じなんだなと。

STEADY以外の懸垂バーの会社やアイテム名でも検索しましたが、中●系だったり、会社自体検索で出てこなかったりと、この時点でSTEADYの懸垂マシン一択かなと固めていました。

で、検索してみると

自前のホームページはあるようですね。

ホームフィットネスブランドSTEADY(ステディ)公式ストア
家庭用筋トレ器具、フィットネスグッズブランドSTEADY(ステディ)。懸垂マシン、フィットネスバイク、トレーニングチューブ、フォームローラーなど自宅でできる筋トレ、エクササイズ、ボディケアにおすすめの製品を企画生産しています。

日本の会社のようですね。社長さんも顔出ししていて、ある程度怪しい会社ではないということは判断できました。

他の会社を調べても日本のものでは無い、そもそもホームページが出てこないところが多かったのでその点は安心材料ですね。

レビューの件数が多く、評価も良い

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングと取り扱いがありますが、レビューの中身はかなり高評価の内容が多いです。

星評価はどのサイトも5段階中4以上がほとんどで、星一つも多少あるけど、まぁ完璧な商品なんてないのでこのくらいレビュー件数が多くて、高評価であれば申し分ないと思います。


しかもこの商品に関するQ&A もしっかり対応されているので、ちゃんとしているなという印象。さらに信用は増しましたし、この商品は間違いないだろうなとさらに確信を持てました。

しっかりぶら下がれる高さがある

当方173cmですが、できればしっかりぶら下がれる高さが欲しいところ。

現在、筆者が使用しているドアにひっかけて使うタイプの懸垂バーで、地面から持ち手まで約203cmほどの高さです。


この高さは、足がべったり付いた状態で、腕をしっかり伸ばして持ち手を掴める高さになります。
なので最低でも203cm以上の高さは欲しいところでした。

それで、STEADYの懸垂マシンはというと高さを7段階調整できるようで、MAXの高さは211cmほど

商品スペック

サイズ:幅約68.0cm×奥行約95.0cm×高さ約190.0~約211.0cm

高さに関しては十分高さがありますね、しっかりぶら下がれそうで問題なさそうです。

最後に

ちなみにSTEADYの懸垂マシンは二種類あります。
大きな違いは耐荷重が150kgか130kgかの違いとパイプの太さ、安定感が違うようです。

■耐荷重130kg

■耐荷重150㎏

筆者は大は小を兼ねるで後者の耐荷重150㎏の懸垂マシンを選びました。

実際に買って使ってみた感想を書きましたので、こちらもあわせてご覧ください。

懸垂マシンのおすすめ「STEADY」!実際に買って使ってみた感想【レビュー】

以上、テム(@temlog_net)でした。

筋トレ
スポンサーリンク
テム

インフラエンジニアやっております。ネットワーク・サーバーのこと、使ってよかったサービス・買ってよかったモノなど幅広めで更新中。

テムをフォローする
テムをフォローする
TEMLOG -テムログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました