GitとGitHubでWordPressのテーマを管理する

WordPress

本ページでは、WordPressのオリジナルテーマ作成時にGitとGitHubでバージョン管理するための覚書きになります。

 

ローカルリポジトリの作成

まずはローカルリポジトリを作成していきます。

ルートディレクトリからテーマのディレクトリに移動します。

cd /Applications/MAMP/htdocs/wp-content/themes/thunderbolt

 

空のリポジトリを作成。

git init

 

以下のような表示が出れば成功です。

Initialized empty Git repository in /Applications/MAMP/htdocs/wp-content/themes/thunderbolt/.git/

 

ちなみに.git ディレクトリを丸ごと削除すれば、ローカルリポジトリを消去できます。

rm -rf .git

 

git に自分の情報を登録

git config --global user.name 'temlog'
git config --global user.email 'temlog.net@gmail.com'
git config --global core.editor "vim"

 

以下コマンドで設定を確認します。

git config -l ←確認する

 

内容の確認。

credential.helper=osxkeychain
user.name=temlog
user.email=temlog.net@gmail.com
core.editor=vim
core.repositoryformatversion=0
core.filemode=true
core.bare=false
core.logallrefupdates=true
core.ignorecase=true
core.precomposeunicode=true
thunderbolt $

 

ローカルリポジトリに変更をした内容を追加する

テーマの内容を変更したらファイルをaddします。

git add .

 

リポジトリの中身を確認。

git status

 

変更した内容を確認できます。

On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached ..." to unstage)

	new file:   .DS_Store
	new file:   footer.php
	new file:   functions.php
	new file:   header.php
	new file:   images/logo.svg
	new file:   index.php
	new file:   sidebar.php
	new file:   single.php
	new file:   style.css

 

ローカルリポジトリにコミットします。

git commit -m 'commit'

 

コミットした内容が表示されれば成功です。

[master (root-commit) d45dd01] Initial commit
 9 files changed, 133 insertions(+)
 create mode 100644 footer.php
 create mode 100644 functions.php
 create mode 100644 header.php
 create mode 100755 images/logo.svg
 create mode 100755 index.html
 create mode 100644 index.php
 create mode 100644 sidebar.php
 create mode 100644 single.php
 create mode 100755 style.css

 

以下のコマンドでコミットログを確認します。

git log

 

以下のように表示されます。

commit d45dd01488dcaacaf9c84d249e7a1cb83212fe54 (HEAD -> master)
Author: temlog <temlog.net@gmail.com>
Date:   Thu Jan 16 21:18:07 2020 +0900

    Initial commit

 

リモートリポジトリを新規作成する

続いてはGitHub側のリモートリポジトリを作成します。

 

緑ボタンの「Create Repositories」をクリック。

 

以下のようにリポジトリの内容を設定します。

 

以下のような画面に移ります。

公開鍵を設定していないのでHTTPSでプッシュします。
「…or push an existing repository from the command line」のコマンドをコピーしてコマンドラインにペースとして実行。

git remote add origin https://github.com/temlog/thunderbolt.git
git push -u origin master

 

許可が拒否されました(公開鍵)と怒られる。

前に公開鍵で設定したのが残っていましたね。

git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

 

SSHで接続するものになっていました

thunderbolt $ git remote -v
origin git@github.com:temlog/thunderbolt.git (fetch)
origin git@github.com:temlog/thunderbolt.git (push)

 

一度消してから

git remote rm origin

 

再びHTTPSでプッシュ。次は無事にできました。

git remote add origin https://github.com/temlog/thunderbolt.git
git push -u origin master

 

このように表示されればリモートリポジトリへのプッシュは成功です。

Username for 'https://github.com': temlog
Password for 'https://temlog@github.com':
Enumerating objects: 12, done.
Counting objects: 100% (12/12), done.
Delta compression using up to 4 threads
Compressing objects: 100% (11/11), done.
Writing objects: 100% (12/12), 5.94 KiB | 1.19 MiB/s, done.
Total 12 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/temlog/thunderbolt.git
* [new branch] master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

 

タグをつける

thunderbolt $ git tag 1.0 ←タグをつける
thunderbolt $ git push --tags origin master ←GitHubに反映
Total 0 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/temlog/thunderbolt.git
 * [new tag]         1.0 -> 1.0
thunderbolt $

 

ブランチの作成

ブランチの確認

git branch

 

masterにブランチがあるのがわかります。

* master

 

ブランチの作成

git branch dev

 

ブランチを変更

git checkout dev

 

以下のような表示が出れば、ブランチが移ったことになります。

M	header.php
Switched to branch 'dev'

 

リポジトリにaddとコミットしていきます。

git add .
git commit -m "ブランチ開発"

 

リモートリポジトリの「dev」ブランチにプッシュします。

git push origin dev

 

リモートリポジトリにプッシュできました。

Enumerating objects: 4, done.
Counting objects: 100% (4/4), done.
Delta compression using up to 4 threads
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 286 bytes | 71.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 1), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (1/1), completed with 1 local object.
To https://github.com/temlog/thunderbolt.git
   2b14a74..aece324  dev -> dev

 

マージする

マスターに移動。

git checkout master

 

以下のコマンドでローカルリポジトリでマージします。

git merge dev

 

リモートリポジトリにプッシュ。

git push origin master

これでmasterにマージできました。

以上、テム(@temlog_net)でした。

WordPress
スポンサーリンク
テム

インフラエンジニアやっております。ネットワーク・サーバーのこと、使ってよかったサービス・買ってよかったモノなど幅広めで更新中。

テムをフォローする
テムをフォローする
TEMLOG -テムログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました